シュレッダーが壊れ修理不能で交換品到着、入替完了!

この記事は約3分で読めます。

シュレッダーを個人的に導入したのは周りより結構早い時期だったので、電動タイプは
現在利用中のGBCブランドのもので3台目になります。

1台目の時は個人で買える価格帯ではストレートカット機しかなく2台目の時はクロス
カット機が出始めた頃に購入したものでした。

2台目は結構長い間利用していましたが、ある日突然、投入しても全く動作しない状態に
なったのに併せセキュリティ向上につながるマイクロクロスカット機に入れ替えて現在に
至っています。

今月上旬に投入口に入れると、投入センサーは反応してモーターは動こうとするものの、
唸るような異音がして全く吸入せず、しばらくするとオーバーヒートで止まる事象が発生
しました。

冷えるまで放置し、刃の部分の切屑をいつもより丁寧に除去しても再発するため、故障と
判断し代わりのシュレッダーの調達のために家電量販店巡りをしていましたが、購入した
エディオンのアプリを何気なく見ていたら長期無料保証期間内だったことが判明したので
早速修理依頼のために持ち込みました。

先週末に、持ち込んだエディオンから電話があり、メーカーで修理が出来ないため、他の
メーカーでもよいので店頭に並んでいる商品との交換か、同一メーカーの後継機種に差額
追加して交換かの選択を提案されました。

後継機種がメーカーのホームページにも掲載されておらず直ぐには判断できなかったので、
修理依頼品と後継機種のスペック比較表をFAXで自宅に送ってもらい確認したところ、
ほぼ同等のスペックでしたが後継機種の処理スピードが遅くなっていたので、3千円程度
追加して交換するのではなく、他メーカー品への交換に決めました。

店頭に並んでいたシュレッダーでマイクロクロスカットに対応している数機種から今回
故障したシュレッダーとほぼ同じ価格の製品にしましたが、修理センターから本体が
戻ってきてからでないと処理出来ないらしく、再稼働はもう暫くお預けになりました。

連続稼働してオーバーヒートにより停止することが頻繁に起きないように気を付けて
いましたが、家庭用なので耐久性は業務用と比較してはいけませんね。

3/15(金)に修理依頼品が店舗に戻ってきたのでいつでも交換出来るとの連絡を受けたので
日曜日に受け取ってきました。

ちなみに今回、交換品としてチョイスしたのはオーム電機のマイクロカットシュレッダー
SHR-MXK03でした。

早速、溜まっていたシュレッダー処理が必要な書類を投入してみましたが、動作音自体も
予想より静かに感じられたので選択ミスにはならなかったと思っています。

また、今回もマイクロクロスカット仕様を選びましたが、裁断くずを見る限り仕様通りの
小ささになっていましたので、セキュリティの面でも一安心です。

とはいえ、店頭価格6千円程度の家庭用シュレッダーなので、負荷をかけすぎてしまうと
寿命に影響が出たり壊れてしまうことも想定されるので今まで以上に使用上の注意を守り
少しでも長く使っていきたいと思います。