大阪オートメッセ2019に初参戦! & SuperGTブース

この記事は約1分で読めます。

2/9~2/11の3日間、インテックス大阪で開催されていた第23回大阪オートメッセ2019に
初めてお邪魔しました。

主催者発表によると、前回より44,770人も多い262,277人の来場者数を記録し大盛況に
終わったとのことです。

お邪魔した2/10は、来場者も約11万人と一番賑わった日だった模様で、会場周辺も駐車場の
空き待ち車両で大渋滞が発生していたのも頷けます。

「名古屋オートトレンド」というカスタマイズカーショーが名古屋でも開催されていますが、
規模が全く違い圧倒されたのが第一印象でした。

会場内で気になったクルマを何枚か撮影しましたので何回かに分けて紹介していこうと
思います。

一回目の今回は入場してすぐのSuperGTコーナーに展示されていたGT500車両とGT300車両です。

GT500車両はKEIHIN NSX-GT、GT300車両はLEON CVSTOS AMGが展示されていました。
 ※どちらも2018年チャンピオンマシン

エンジン始動デモなども行われていたようですが、スケジュールが合わず、見ることは
出来なかったのが残念でした。